生命保険は500万円×法定相続人の分が控除されるため、課税される金額を減らすことができます。

生命保険について

 

所持している財産が多いと、相続税が大きく掛かります。
相続税の仕組みを知り、生前贈与を活用して、出来る限り節税するようにしましょう。

 

 

スーツの男性

生命保険は、実は相続税対策としてよく利用されています

 

資産家が生命保険を活用して、賢く節税していたのです。

 

遺産が少ない一般の人は、そもそも課税されなかったため、
この節税対策を知らない人も多いはずです。

 

しかし、今から知っておかなければ損することになるでしょう。

 

平成27年1月1日に相続税の基礎控除が改定され、相続税の対象となる人が増えるのです。

 

改定前では、「5000万円+1000万円×法定相続人」以内の金額であれば非課税でした。
改定後には、「3000万円+600万円×法定相続人」以内でなければ課税の対象となるのです。

 

夫が死亡し、相続するのが妻と子供1人の場合は、法定相続人が2人となります。

 

改定後の計算を行うと、4200万円が上限となり、
夫がそれ以上の財産を残していた場合は、相続税が発生します。

 

このような状況下で、どのように生命保険を利用すれば良いか解説しましょう。

 

そもそも相続税において、
死亡保険金を受け取るのが相続人の時みなし相続財産として考えられます。

 

この時、生命保険だと非課税枠があり、500万円×法定相続人が保険金から控除されます。

 

つまり、貯金1000万円、土地や家の価値が3000万円、生命保険が2000万円だとすると、
これだけで6000万円になり、課税対象です。

 

ですが、生命保険の場合は、500万円×法定相続人の分が控除させるため、
その分課税される金額を減らせるのです。

 

 

生前贈与

そして、合わせて活用したいのが生前贈与です。
上記の例で言うと、貯金の1000万円を生前贈与で少しずつ家族へ渡しておくのです。

 

一度に大金を渡すと贈与税がかかってしまうため、年に100万円程度を上限に少しずつ渡しましょう。

 

上手く生前贈与で財産を減らせれば、課税対象から外れることも出来るはずです。
家族に少しでも多く遺産を遺せるように工夫してみましょう。

 

生前贈与を薦める理由