生前贈与をおすすめする理由は幅広く、2015年法改正により多くの方に生前贈与のメリットが出るようになりました。

活用次第ではメリットも大きい生前贈与を薦める理由

財産の継承には生前贈与の継承をお薦めします。

 

生前贈与のおける通常の贈与税は相続税より高い税率が適用されるので、財産は死亡時の相続でまとめてやれば良い。と安易に考えている人も多いですが、生きているうちだからこそできる事やメリットがあります。

 

 

 

~紛争の予防~

 

相続に関する親族同士のトラブルは非常に多く、家庭裁判所への相談件数はここ10年で約2倍に膨れ上がっています。

 

うちは子供同士も仲が良いから平気と思っている方でも、被相続人となる方の死亡をきっかけに関係が悪化する事はよくあります。

 

遺言という選択もありますが、生前贈与を活用して生きているうちから財産の贈与や分割の方法について進めていき安心して財産を受け継いでもらう事はとても重要になります。

 

 

 

~110万円の控除額を活用する~

 

大きな資産を持っている場合は、あまりオススメできないかもしれませんが、平均的な資産を所有している家庭では控除額内での生前贈与もオススメです。

 

贈与税の控除額は年110万円と相続税の控除額に比べてとても少ないです。

 

ですが毎年控除枠が新しく降りるのが特徴で例え110万円ずつでも10年行えば1,100万円贈与税不要で贈与する事が可能です。

 

2015年より相続税の基礎控除額が大幅に減少する見込みですが法改正で厳しくなった事で発生する部分を110万円ずつのコツコツした贈与でカバーする事も可能です。

 

 

子供がまだ若く早めにお金を贈与してしまうとロクな使い方をしない。と思っている方は家族であれば本人の了承を取って贈与用の口座を作成後、親(被相続人となる方)が管理をしながら毎年110万円ずつ贈与の形を取りお金を移していくこともできます。

 

ただし、死亡して相続が発生する3年前までの生前贈与分については相続税の課税対象となりますので気をつけましょう。

 

こういった方法は、大金持ちでもなく、ある程度は長く生きられる見込みがある方など、生前贈与は必要ないと思っている人の中にも有効活用できる条件が整っている人も多くいます。

 

>>贈与税の計算方式はこちらです

 

~相続時通算課税制度を活用する~

 

土地や預貯金など資産ジェンルに関わらず2,500万円まででしたら相続時通算課税制度を利用することで贈与時には無課税で資産を継承する事が可能です。

 

 

これにより生前贈与の活用法は非常に幅広くなっています。

 

 

 

子供の生活が豊かになり生きているうちにお金の使い道を確認できる

家族

生前贈与を行う事で子供の生活が豊かになる事があります。

 

代表例が子供に住宅ローンがある場合で、生前贈与で早い段階で資産を渡す事でローンの金利負担を大幅に軽減できる場合があります。

 

また、生前贈与を行う事で、お金の使い道をその目で見る事ができて、子供が幸せな家庭を築いていく様子や孫が充実した教育を受けていく様子をその目で確認する事もできます。

 

生きているうちの生前贈与で渡す事で、譲渡を受けた人はその財産を大事に使ってもらえる事もあります。