相続をする際は、紛争の有無と相続税の発生の有無に応じて相談先を変えましょう。

相続をする際にお願いするべき人

相続が発生した時の相続税の申告は金額にもよりますがプロに任せるのがオススメです。

 

当然手数料は発生しますが、正しい知識や控除・優遇を理解しているプロに任せる事で無駄なく安心して相続を受ける事ができます。

 

相続税の申告を依頼するプロとは一般的に税理士・司法書士・行政書士・弁護士になります。

 

相続に関するこういった資格にはそれぞれに特徴があります。

 

 

税理士

 

相続税の税法上の評価額の算定を行う事ができます。

 

相続全般の相談や節税対策を得意としている所が多く、唯一税務調査の立会いも行える資格です。

 

相続税が発生する財産があり、なおかつ親族通しのトラブルもなく税申告のみで円滑に相続ができる見込みがある場合におすすめです。

 

相続税が発生する立場か分からないという場合も最初に相談する相手としてもおすすめです。

 

 

司法書士

 

相続の登記を専門としております。

 

土地・建物など登記が必要な財産が多い場合におすすめです。

 

相続に伴う登記は全ての手続きを終えてから行う必要性があります。

 

相続の事情を話さずに登記のみの依頼を最初に行ってしまうと、控除の対象外となり支払う税金が多くなってしまうケースもありますので注意しましょう。

 

 

 

行政書士

 

手数料が安いのが特徴です。

 

通常の税申告の書類作成や申告代行などを得意としており手数料も安めです。

 

相続に関する争いもなく、相続税が発生しない基礎控除内の相続の際の利用がおすすめです。

 

 

弁護士

 

主に相続争いやトラブルが起きた時に依頼します。

 

他の相続人に対して本人の代理になって交渉をできるのは弁護士のみになります。

 

依頼料や成功報酬など手数料も高いです。

 

 

 

 

~相続依頼の相場~

 

それぞれの資格の専門家によって、手数料の相場は違います。

 

内容にもよりますが税理士や行政書士・司法書士は相場が安く弁護士は高い傾向があります。

 

 

弁護士

現在は弁護士も含めて報酬の自由化に伴い相続に関する依頼の手数料・報酬はそれぞれの事務所によって大きな開きがあります。

 

 

弁護士の場合は着手金が安く成功報酬が高い場合やその逆もあり、税理士や行政書士の場合も基本料金は安く設定していて最終的にはオプション料金の請求をされる所もあります。

 

 

税理士の報酬の場合は相続資産評価額の1%を目安に行い、それを超える場合は一般相場よりも高い可能性があります。

 

 

安い所では0.5%前後で受けている所もあるようです。

 

 

 

 

~値段とサービスの質は連動していない~

 

値段が安すぎる所はサービスの質が悪く、控除や優遇などの制度を有効活用してもらえないケースや対応・連絡が遅い事もあります。

 

こういった業界は、手数料や報酬が高ければサービスが良いというものではありません。

 

相続を得意としている法律相談所や税理士・行政書士を利用したり、スタッフが多い事務所を利用するようにすると良いでしょう。